非常に気まぐれに更新される競艇での散財振り


by spikework
カレンダー

<   2007年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

徳山女子王座決定戦

徳山競艇場で行われているJAL女子王座決定戦に行ってきたわけだが、
行きも帰りもANAだ。

やはりJALで行くのは不安だからね。

まあ、それはそれとして、その場にいたファンへのサービスとして抽選で出場選手グッズプレゼントというのをやっていた。去年の女子リーグの時もしていたが。

今回は前回と同じサイン色紙にプロペラがついてくる。プロペラを機内に持ち込むのも難しいからあたっても面倒だなとか思いながらガラガラポンを回したら当たった・・・

中身を確認すると秋葉弘美セットだ・・・

かなりレアなんだが・・・
[PR]
by spikework | 2007-02-27 23:16 | G1

G1 二つ優勝戦

まあ、日曜日に準優勝戦が6つあったのだがすべてイン逃げ。日曜番組というかなんというか。

【住之江競艇場】
内から 松井、石野、田中、岩崎、瓜生、池田。同率とはいえ田中の方が2位扱いだったはずなのに何で優勝戦の枠が石野と田中で入れ替わっているのか疑問だ。多分5日目までの出走表には書いてあったのだろうが・・・正直石野が田中に勝っている理由が見あたらないので困る。抽選だったのだろうか。
松井だろう。まだ、今年記念を勝っていないはずなので。

【浜名湖競艇場】
内から 辻、今村、渡辺、平石、大賀、須藤。まあ、インだろう。特に大賀がコースを取りに来たら。
[PR]
by spikework | 2007-02-25 17:58 | G1

吉川元浩選手は欠場

浜名湖競艇場で行われているGI浜名湖ダイヤモンドカップで吉川元浩選手が欠場されました。
身は着いたのだが、手配違いでプロペラが到着しなかった。

競艇場にはオーナーペラがあって、それを使うこともできたのだがあまりにも動きが悪かったので話し合いの結果帰らされることになったそうだ。

1.中途でペラが到着しても使えないようだ

2.上位の選手はやはりプロペラが違うのでオーナーペラに変更するような選手は消しだ

3.そもそも住之江競艇場でG1をしているのに(ま、兵庫だが)

More
[PR]
by spikework | 2007-02-21 21:33 | G1
相変わらずどうよっといった感じの平和島のダブル準優勝戦だ。
2号競艇場は準優勝戦の日の2回走りは駄目らしいが、W準優勝戦ならOK!とばかりに喜んでやっている(というか平和島って2号競艇場だったっけ)

枠は
1.西村 6/2 1/1
2.橋本 1/1 6/3
3.河合 1/2 6/3
4.大嶋 5/4 2/2
5.村田 6/6 1/1
6.松下 3/5 4/2

それぞれ前半、後半 枠/着の順。前半1枠だった連中が後半3着にまとめて優勝戦は内枠に座るというのがね・・・

この問題は最初にやった頃から顕在化しているのにもかかわらず相変わらず修正しようとしない。

優勝戦は西村じゃないの。村田は大嶋が壁になって決められそうにない。
[PR]
by spikework | 2007-02-19 21:41 | 一般戦

徳山女子王座決定戦

a0019581_1030456.jpg


初日のドリーム戦は美艇ドリームだ。読み方がびていどりーむなのかびゅーてぃーどりーむなのか知らないが。

メンバーは内から横西 岩崎 淺田 田口 海野 寺田。
これで(休み明け初戦になるはずの)田口が連に絡むようだったらこのメンバーの優勝は絶対にないと思えるので、まあ田口を外して買えばいいのだろう。
基本的に横西だとは思うが田口が乗るドリーム戦は荒れるというジンクスもあるので
何も買うものがなければ寺田→横西→岩崎・海野というところで
[PR]
by spikework | 2007-02-18 10:34 | G1
近畿地区戦だが内から

魚谷
鎌田
山本
松井
倉谷
山田

となっている。期待の滋賀支部の選手が山田豊だけになってしまい内枠は全員兵庫支部だ。
山田豊の絡みが狙い。
[PR]
by spikework | 2007-02-16 22:51 | G1

冬雷

今は冬なんだから冬の嵐なのは当たり前なんだが、昨日は春雷だったわけで
季節感が逆になっているな。

そのせいか、常滑競艇場は優勝戦がなくなってしまった。どうも6Rまでしていると(半分かな?)その日が成立してしまって順延が効かなくなるらしい。

多摩川競艇場では開催していたのだが、HPを見ると4R終了後には3Rで初勝利を上げた松本晶恵の水神祭模様がUPされていた。ものすごい速報性だ。
で、その模様をリプレイで見ると江戸川でもかくもあるかというくらいの濁りようと波の立ちようだ。江戸川だったら流れもあるので確実に中止だろうが。
後半のレースで猛然と飛び出してF2になったのには笑ったが。落合直子並みに押さえの効かんやっちゃな。
[PR]
by spikework | 2007-02-15 22:50 | 一般戦
まあ、新博多の帝王鳥飼真がエースモータで1号艇だ。
前節に福岡競艇場に行ったわけだが、その日は1Rが満潮で11Rくらいが干潮だった。女子戦だったこともあって干潮間際でもやたらとインが強かった。
それに比べるとよほど潮が高いはずなのでまあ、鳥飼が有利だろう。
まあ、仕方がない。

山門チャンピオンのK君だが事故点パンパンだ。福岡競艇場出走時点で斡旋日数が16日、事故率回避のために必要な出走回数が29走。G1は予選が5走しかなかったので後の12日で24走必要だ。

本来なら最終日は1走だったのだが、そこは情実が絡みまくる競艇界いろいろあって最終日は2走だ。これで第一関門クリア。

さて、ここで残りの斡旋だが全部2回走らないことには事故率が回避できないらしい。ということは
絶対に優勝戦には乗らないわけだ

幸い走る競艇場は田舎の1号競艇場なので準優勝戦の時は2回走りだろうから気にしなくてもいいが、どんなに頑張っても優勝戦には乗れない。
ということはつまり準優勝戦は消えるわけだ。これぞ、確実な競艇予想。頑張って張ろう。
[PR]
by spikework | 2007-02-14 22:46 | G1

伊藤が久しぶりのSG優勝

川口で行われていた、第20回全日本選抜は伊藤が人気でSG4連覇を目指す田中茂の猛追を振り切って優勝。優勝したことより、今の田中を押さえきったところが価値がある。

静岡競輪場で行われたたちあおい賞争奪は地元の新田が同期の小嶋との捲り合戦を制して完全優勝。新田君調子がいいね。

中国地区戦は池本が誕生日にG1初優勝したらしい。池本who?
[PR]
by spikework | 2007-02-13 23:09 | G1
福岡競艇場の企画戦好きには困ったもので、
地区戦では3日目にはドリーム男鳥飼に挑戦とか取って付けたようなタイトルで企画戦を行っている。ドリームさえ勝てば誰でも良かったのか、それとも福岡競艇場の一押し鳥飼真でなければいけなかったのかは知らん。

前節のオール女子戦でも似たような企画戦があって「女王に挑戦」だった。これで、女王様が渡辺博子だったら面白かったのだが、日高逸子なんでね。
[PR]
by spikework | 2007-02-11 21:36 | G1