非常に気まぐれに更新される競艇での散財振り


by spikework
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

総理大臣杯 女子王座ほぼ出場者決まる

KEIRINグランプリは有坂が勝って最多賞金獲得者になった。それはそれとしてこのレースを最後に引退すると噂されていた吉岡が本当に引退を表明したため、新聞の扱いはそちらにいってしまった。吉岡は追い込みのセンスに乏しかったので青森の坂本のようにいつまでも先行という戦い方をするのかと思ったのだが・・・

総理大臣杯と女子王座の出場者がほぼきまった。
女子王座は徳山競艇場で行われる。向井美鈴が年末シリーズであろうことかフライングしたため、山口支部の姉ちゃんは誰も出場しないんじゃないかというところだったのだが、なんとか片岡恵理が滑り込んだ。もっとも、向井にしても片岡にしても下関地元だからね。長門と周防では天地の差があるから地元の選手だとは思われていないんだろう。そもそも片岡は岡山だし。
年末に向井と松瀬弘美がフライングしたせいで東京支部の(通称)美人レーサー秋葉弘美と松堂留美が出場できるようになったらしい。それはそれで。

総理大臣杯は今年も平和島だが、東京支部は濱野谷しか出走権が無く、怪我で長期休養中の村田がなんとか滑り込み。勝負がけだった、田中は初日にフライングしたせいで夢は潰えたかと思ったが、年末静岡の服部がフライングしてなんとか出走権を得た模様。
[PR]
by spikework | 2006-12-31 19:28 | その他