非常に気まぐれに更新される競艇での散財振り


by spikework
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

めちゃラッキーで優勝

99年のモーターボート記念は2号艇だったが、1号艇だったのは当時カドからの攻撃を真骨頂としてた山田豊だったのでインが転がり込んできたあげく、その山田(カド、3コース)と3号艇(2コース)の川崎があまりにも下手だったので優勝が転がり込んできた山本浩次だが、今回はカドから内を飲み込んで優勝。ピット離れで立ち後れた仲口がムキになって3コースを守ったものだから内が深くなった挙げ句(江口は回り直し)、内の2人は仲口に合わせようという気しかなかったんだろうな・・・

仲口は洞口君(byモンキーターン)と違って勝負弱い上にツキにも見放されているからSGを勝つには相当の僥倖が必要だろうね



桐生のオーシャンカップのドリームが発表されている

関東の競艇場らしく選考基準に沿ったまともな選考。山崎がいないうえ秋山は新基準のペラになってからボロボロ(B1に落ちかねないペースだ)だから適当に選んだとも言えるが。
[PR]
by spikework | 2005-06-26 20:53 | SG