非常に気まぐれに更新される競艇での散財振り


by spikework
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

義経

NHKの大河ドラマ『義経』が視聴率上々のようである。

正直言ってあんなやさおとこが平家-源氏の戦いを駆け抜けた豪猛な義経というのは疑問符。牛若丸でステレオタイプされた華奢な美少年というイメージから脱却できんのか?後の戦い振りを見ると偉丈夫とまではいかないまでも、相当荒っぽいと思うんだが

静御前もいい子ちゃんでまるで特徴のない石原さとみというところが・・・ま静御前はたいした役所ではないからいいか。

木曽義仲の愛妾、巴御前小池栄子なのもなかなか笑えるけど



【グランドチャンピオンシップ決定戦】

SGに出ていないと出場できないので、出場する選手のレベルは非常に高く
そしていつもと同じメンバーになってしまうので新鮮みが最も乏しいSG
グランドチャンピオンシップ決定戦が火曜日から開幕。

正直言って6月のこの時期にSGの中のSGと自称しているSGをやるのはいかがなものかと思うのだが・・・競馬の宝塚記念に倣ったのだろうが、上半期に総決算するほどの流れが競艇にないのが残念

今年は昨今の義経ブームに便乗して
義経の戦いをモチーフにしたメインレースを行うらしい。といっても関わりのあるのは一つもないがね
優勝戦が平泉の戦いではなく壇ノ浦の合戦なのは下関だけに致し方ないとして、準優勝戦が「宇治川の戦い」「一ノ谷の合戦」「屋島の戦い」と無理矢理なネーミング。

3日目には義経とは何らゆかりのない(源平合戦には重要な意味がある)石橋山の戦いや富士川の戦いまで組まれている。取りあえず故事に倣うと3日目の12Rで大敗したにもかかわらず、施行者の温情に助けられて予選を通過した選手が天下を取ることになるのだが。
初日のメインと1Rの勝者は当然優勝戦で負けね
[PR]
by spikework | 2005-06-19 09:27 | SG